BLOG

インターステラー

映画インターステラー, クリストファー・ノーラン, 情報, 映画映画, クリストファー・ノーラン, 情報, 映画

辰丸です。

ここ最近体調が全然安定しねぇ。

1日中体調が良い日が、
もう2週間くらい無い。

あ、でも今日は割とずっと良かったです。
昼から夜までに寝なかったのは久々かも。

そんなワケで、
お仕事も全然行けてない…。
会社には迷惑かけまくってます。

まぁ体調の話は置いておきましょう。

最近車の運転をしていなかったので、
「久々に車運転してぇな~」と思いたち、
何か車に乗ってどっか行く用事ないかなぁと
用事を考えたんですが(普通逆)

ずーっと前から見たかった映画「インターステラー」 を観ようと思いたち、
TSUTAYAまで車を転がしてきました。

まぁ10分弱で着くんすけど…。 

んで借りて、
帰ってきて、
観ましたよ。 

なんだあああこのすげぇええ面白い映画はよォォォォオ!?!? 

ってなった。

食料の生産が絶望的になり、
世界は砂にまみれ。
人類の滅亡まで、
100年と無い、破滅寸前の世界のお話。

そこから宇宙へ、人類存続のために旅立つ…

みたいな話なんですが、
とにかく最初からボロボロ出まくってた伏線の回収を、
ラストですっげー気持ちよくやってくれる展開に鳥肌。

あと面白かったのは
時間、
重力、
ブラックホール(ガルガンチュア)、
ワームホール、 
五次元、
の概念。

ワームホールが球体である、何故なら…っていう説明も
目からウロコだった。

ネタバレは避けたいのであまり詳しい事は書きたくありませんが、
コンピュータの情報は「0」と「1」の配列パターンで成り立ってますよね。
インターステラーを観て、
情報の単純化は、伝達手段の選択肢を広げると同時に、
情報の欠損率を下げる事が出来る。

今の情報技術、通信技術ってすげーなって、
なんか今更だけど、改めて想いました。

あと、愛はすごいですよね。
愛はね。最強ですよ。
愛は五次元ですよ。空間も時間も超える。

ラストは泣いた。
さすがに泣いた。

しかしこんなに面白い映画観たの久しぶり!ってくらい
面白かったなー。
クリストファー・ノーランの「インセプション」も面白かったけど、
あれ結構前に観たから内容結構忘れた。のでもっかい観たい。

そんな感じ。