BLOG

How to

RPGツクール, 独り言RPGツクール, ストーリー, フリーゲーム, 制作RPGツクール, 独り言, フリーゲーム, 制作

えーっと。

ストーリーってどうやって考えてたっけな・・・。

というのが最近の悩み。

次回作を作るにあたって、
とりあえず今までの作品を再びプレイしてみました。
まぁすごくアラは多いんだけど、
そのアラが逆に自分のモチベーションアップに繋がったりもして、
やる気は出てきたんだけど・・・けど・・・。

ストーリーをどうやって考えていたかが思い出せない!
というかそもそもゲームってどうやって作ってたんだっけ!?

っていう感じに、今なってしまっています。

とりあえず一作目の「Tear」は一番最初にすべてのストーリー、
というか表示させるメッセージをすべてテキストに書いてから
作り始めたってのは覚えてます。
未だにそのテキスト残ってるし。
でもなんかそれだと時間がかかる割に、
プレイ時間自体が長くならないな・・・と思ったような覚えがあります。
というか先にテキストだけ考えちゃうと、
どうもテキストメインになってしまいがちなんですよね。
まぁ俺の作り方の問題なのかもしれないけど。
次の「学園」は、元々自分がRPGツクール2000の操作に慣れるために
テスト用で作った作品のリメイクだったりします。
リメイク前のやつは「学園」本編の第1章までの内容で完結だったので、
作りながらすべて付け足して言った感じだったんだけど・・・。
なんかそれだと最後が収集つかなくなってしまいがちなんですよね、やっぱ。
Tear2も確かストーリー考えながら作っていった感じだったんだけど、
一番最後に詰め込みすぎ感がハンパなかったです。
自分としては、あまり納得できる構成ではありませんでした。
ただ、作りながらストーリー考えると、
だんだんと輪郭が見えやすくなってくるので
考えやすくはなるんですよね・・・。 

ううーん。

ていうか作りながらストーリーを考えたにしても、 
一番最初の部分をどうやって考えたとか、あまり思い出せない・・・。
というか考えようとして考えたというよりも、
自然にストーリーが湧いてきたって感じだった覚えがあります。
なかなか自分で考えようとしてストーリーを出すことって難しいですね・・・
まぁそれが出来なくちゃいけないんだろうけど・・・。
ていうか曲を作るのもゲームを作るのも、
あまりきちんと考えてからカタチにしたものって無いかもしれません。
ある程度大枠を決めてからってのはあったけど、
その大枠だって「戦闘曲作ってみよう」とか、「Tearの続編作ってみよう」とか
ホントに大雑把なモノでしかなかったし。 

あー、頭が固くなったのかな。
というか、自分の考えるストーリーに対して
リミッターをかけすぎている部分もあるのかもしれない。
昔はあまり羞恥心だとか、何かのパクリになってるかもだとか、
そういうの全然考えてなかったからなぁ。
結果的にパクリにはなっていなかった(と思う)けど、
今はそういうのに対してすごく敏感になりすぎている部分が
あるかもしれない。 

とりあえず今の理想としては、
こういう展開になる、ってのだけ最後まで考えて、
そっから作っていきたいと思ってます。
ただ、ストーリーが思いついません。
というか前回書いたやりたい事をすべてやるにあたって、
それらが結構な枷になっていてうまくまとめられないというか・・・。
ある程度やりたい事決めたほうがストーリー考えやすくなるかもとか
思ってたけど、若干窮屈すぎたかもしれないな!!
特に仲間を依頼によって増やしていく、ってやつ。
まず主人公が依頼を受ける立場にするってのが、
主人公の設定の幅を大分縮めてしまっている気が・・・。

学校のサークル的な設定にしようかな、とか考えてますが、
それだと今度は学校から出づらくなってしまうような。
学校にしばられるのもなぁって感じなんですよね。
前に作った「学園」がそうだったし。
いや、そうでもなかったけど。

ああーー何が言いたいのかわからない!!
とりあえずストーリーが思い浮かばない!

「Tear2」のように特に何も考えず
好きなように作ってしまうのもアリなのかもしれないけど。

ぐふぉお